このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 時系列解析入門 【PC演習講座】 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

【テックデザイン統計応用講座】 ⇒ 時系列データの解析を習得するには、基礎的な考え方を身につけた上で“解析手法を体で覚えること”が近い道です。多様な研究に取り組み、多様なデータを解析している講師が勘所を解説します。

時系列解析入門【PC演習講座】

~「R」を使った実践演習で解析の基本とテクニックを体で覚える~

【日 程】

※日程を変更しております。ご注意ください。

 

2019年8月26日(月) 10:15~17:15
        ↓↓↓
2019年8月27日(火) 10:15~17:15

【会 場】

都内中心部で調整しております。

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

【備 考】

・パソコンルームで実施しますので、ノートパソコンのご持参は不要です
・USBメモリをご持参いただければ、演習で使用したデータはお持ち帰りできます

講師: 愛知工科大学 工学部 機械システム工学科 教授 荒川 俊也先生

経歴: 2001年 早稲田大学理工学部卒業、2003年 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻修了。2003~13年まで富士重工業㈱ スバル技術研究所に勤務し、この間の08年 総合研究大学院大学複合科学研究科統計科学専攻博士後期課程に入学し、12年修了。2013年より愛知工科大学、2017年より政策研究大学院大学政策研究センター客員研究員兼務。博士(学術)。これまでに、「ドライバ状態推定手法の研究」、「香りの効能研究」、「立体音響警報の開発」など人間と自動車(機械)の協調に関する研究に従事し、現在は、「地理情報システムのインフラ管理への活用」などにも取り組んでいる。自動車技術会、計測自動制御学会、ヒューマンインタフェース学会などに所属。


 1.イントロダクション(なぜ時系列解析が必要か) 

 2.基礎的な事項 
  ① 確率の基礎
  ② ベイズ推定
  ③ 最尤推定

 3.統計ソフト「R」の使い方
 
 4.データを味見する
  ① データの可視化(時系列グラフ作成、ヒストグラム作成)
  ② 自己相関係数
  ③ 周波数解析
  ④ その他

 5.演習【1】

 6.時系列モデルの基礎
  ① ARモデル
  ② ARMAモデル
  ③ ARIMAモデル
  ④ その他のモデル

 7.演習【2】
 
 8.状態空間モデルの基礎
  ① 状態空間モデルとは?
  ② ローカルレベルモデル 
  ③ ローカルトレンドモデル
  ④ 回帰モデル

 9.演習【3】

 10.カルマンフィルタ

 11.演習【4】

<ご案内>
・演習ではフリーソフトの「R」を使用します。初歩から解説しますので、初めて使う方も
 安心してご参加ください(汎用性の高い統計解析ソフトですので、使い方を覚えるとさま
 ざまな場面で役立ちます)
・パソコンルームで実施しますので、ノートパソコンのご持参は不要です
・USBメモリをご持参いただければ、演習で使用したデータはお持ち帰りできます

/images/noimage.png

<習得知識>
・ 時系列解析の勘所
・ 統計ソフト「R」を使った時系列解析の基本
・ 時系列解析手法の概略
・ 時系列データの見方、考え方

<講義概要>
 時系列データの解析には独特の癖があり、また、様々な解析方法がありますので、時系列解析に敷居の高さを感じている方や、そもそも何から手を付ければいいのかがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
 本講座は、時系列解析未経験者および初心者を対象に、統計ソフト「R」を使った実習形式で進めます。時系列解析についての基礎的な事項を解説し、「R」の使い方を説明した上で、実際にデータを眺め、可視化し、手を動かして基礎的な解析を行っていただきます。時系列解析の基本について体で覚え、実務を念頭に置いた解析手順やポイント、コツなどを理解・習得していただける内容となっています。数式がいろいろと出てきますが、わかりやすく説明しますので、安心して受講していただければと思います。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       
ページTOPへ