このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 革新的な研究開発テーマを継続的に創出する仕組みの構築 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

継続的に優れた研究開発テーマを創出することができていますか?従来型のテーマ創出・選定には限界があり、革新的テーマの継続的創出には組織としての体系的な仕組み作りが肝要です。多数企業の事例をあげて解説していきます。

革新的な研究開発テーマを継続的に創出する仕組みの構築

 

【日 程】

2019年5月30日(木) 13:00~17:00

【会 場】

都内中心部で調整しております。(東京(調整中))

【受講料】

34,980円(税込/テキスト付)

■市場・製品・技術ロードマップの意義と具体的な作成法
(2019年5月30日(木) )

講師: ベクター・コンサルティング㈱  代表取締役社長 日本工業大学大学院 技術経営研究科(MOT) 教授 浪江 一公

経歴: 北海道大学工学部卒業。米国コーネル大学経営学大学院修了(MBA)。大手電機メーカー、アーサー・D・リトル、フュージョンアンドイノベーションなどを経て現職。著書に『プロフィット・ピラミッド超高収益を実現する14のシンプルな法則』(ダイヤモンド社)、訳書に『ステージゲート法 製造業のイノベーション・マネジメント』(英治出版)などがある。

Ⅰ.なぜ革新的テーマの創出が必要なのか?
-21世紀の産業界の現実
-日本企業が行く道
-日本企業のテーマ創出上の問題点
-研究開発テーマ創出の改革の2つの方向性(Whatへの経営資源シフトと体系的仕組みの構築)

Ⅱ.革新的アイデアを継続的に創出するメカニズム
-大胆な枠組みの必要性
-革新的テーマの3つの原料のスパーク
-スパークための4つの要件
-具体的事例(東レ)

Ⅲ.顧客価値の提供機会を見つける視点
-顧客価値拡大モデル(VACES)
・Value:顧客の製品の提供価値向上
・Anxiety:顧客の懸念・面倒の払拭
・Cost:顧客の全体コストの低減(東洋電機の例)
・Empowerment:顧客社員の作業環境・能力の向上
・Society:顧客の社会的価値向上

Ⅳ.革新的テーマ創出に向けてのスパークの為の3つの原料
1. 「市場の知識」の強化
・時間軸の一例:ライトハウスカスタマーの利用(島津製作所)
・分野軸の一例:顧客の製品ライフサイクル全体に目を向ける(日本テトラパック)
・深度軸の一例:研究者が市場との直接の接点を持つ(IBM)
2.「技術の知識」の強化
・自社技術/周辺技術の知識蓄積、拡大
・他技術の吸収
・オープンイノベーションの推進
・組織的なT型、Π型研究者の実現
3.「自社の強み」の利用

Ⅴ.スパークを起こし革新的テーマを創出するための4つの要件
1.革新的テーマ創出のための環境の用意
・スラックリソースの提供(3M、グーグル、東レ等)
・ポートフォリオマネジメントの導入
・筋の悪いテーマを冷静に切る
・定期的アイデア創出ノルマを課す
・アイデア発表会の開催
2.多様性の追求
-多様性の3つの視点
・情報・アイデア源を多様化(Source)
・発想メンバーを多様化(Member)
・一人一人の発想を多様化(Perspective)
-具体的事例(GE、シスコ、日立の例等)
3.テーマ創出に向けて情報・知識を『圧縮』
-ホンダのワイガヤの意味
-スパークを促す5つのステップ
・本質の追求
・隣接可能性
・MECE(もれなく、だぶりなく)
・着想
・連想発展
-アイデア発想法の例
・デザイン思考
・要素技術機能展開法
4.研究者・技術者の意欲による『着火』
-『着火」の3つの要件
・追い込む(ホンダ、3Mの例)
・失敗の許容・奨励(日東電工、米国海兵隊の例)
・非金銭的報酬を与える(3Mの例)

Ⅵ.グループ討議
テーマ:「研究開発部門におけるテーマ創出の阻害要因な何か?」

Ⅶ.最後に

/images/noimage.png

<習得知識>
1.R&Dテーマを創出するための全体像   
2.全体像を構成要素の具体的進め方  
3.具体的な他社、他組織の事例

<講義概要>
昨今の新興国企業の台頭は著しく、すでに日本企業を凌駕するほどの実力を持ち始めています。競争相手として、もはや国内や先進国企業だけではなく、新興国企業をも視野に入れることが必要となってきたのです。そのような厳しい環境の中では研究開発においても革新的なテーマを継続的に創出し、資源を集中して取り組むことが極めて重要になってきていますが、これらの実現のためには、多くの企業でこれまで行ってきたような、研究者個人に依存したテーマ選択や、小手先のアイデア発想法だけでは不十分です。
今、革新的テーマを継続的に創出するために求められているのは、『体系的な大きな仕組みの構築』です。本講座ではこの【仕組み】をいかに構築していくのかということをテーマに議論を行います。ここで考える【仕組み】とは、基本的には人間の思考のプロセスを、組織として体系的に実現するものであり、既に先進的な企業においては、このような取り組みが始まり、成果を上げています。
講義では、実際の企業の具体的な事例をあげながら『体系的な大きな仕組みの構築』について講義を展開します。



  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       
ページTOPへ