このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 研究開発シナリオの策定と実行計画への展開・運用 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

研究開発テーマの価値を高めるために重要な3つの視点、【事業化の価値向上】、【長期的な成功シナリオ作成】、【実効性のある計画にブレークダウンした的確な進捗管理】について、実習を交えて具体的に解説します。

~R&Dテーマの事業化を成功させる実践的手法【実習あり】~

研究開発シナリオの策定と実行計画への展開・運用

【日 程】

2019年4月23日(火) 10:30~16:30(講義:約5時間)

【会 場】

RYUKA 知財ホール(東京 新宿駅)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC) シニア・コンサルタント

木村 壽男

経歴: 1983年 京都大学農学部食品工学科卒業。企業の研究所勤務を経て、JMAC入社。「技術経営革新」をメインテーマとし、研究開発革新、新製品開発力強化、技術戦略策定等のコンサルティング・研修・講演を行っている。著書に『研究開発は成長戦略エンジン』(同友館、2015年)などがある。 2004から13年まで、京都大学 産官学連携本部 産官学連携フェロー、2010 年から16年まで、青山学院大学大学院 非常勤講師(「研究開発特論」)を務める。

1.R&Dテーマの成功確率を高めるための3つの課題
 ・事業化の価値を飛躍的に高める
 ・鮮明な最終ゴール、的確なマイルストーン設定を含めた研究開発シナリオを作成する
 ・研究開発シナリオを実行計画にブレークダウンし、日々の進捗管理と完了評価を行う

2.最重要テーマの現時点での価値を評価する(実習含む)
 ・R&Dテーマ評価の基本的な考え方と手法
  -「FVE(Future Value Evaluation:未来価値評価)法」の紹介
 ・「戦略的価値」、「期待・経済価値」及び「実現可能性」の3つの視点で実際にテーマ

  評価をしてみる

3.同テーマの事業化価値を飛躍的に高める(実習含む)
 ・評価結果を踏まえた革新課題の設定
 ・「事業化・仮想カタログ」の作成
 ・企画完成度の向上策の検討

4.テーマの展開シナリオの作成(実習含む)
 ・先行課題の抽出と課題解決計画の作成
 ・マイルストーンの設定
 ・事業展開シナリオと技術革新計画の作成

5.テーマ実行計画の作成(実習含む)
 ・大日程計画の作成
 ・中日程計画の作成
 ・テーマの進捗管理と完了評価

6.質疑応答

●実習の内容と参加者へのお願い●
 これから本格的な着手が想定される最重要テーマに関して、下記内容の個人別実習を予定しています。
 ・事業化する価値の大きさの評価
 ・事業化に向けた研究開発シナリオの作成
 ・シナリオをベースとした実行計画へのブレークダウン
 つきましては、実習に関連する情報を整理し、当日参照できるようにしておいていただければと思います(差支えない範囲で結構です。個人での実習のため、情報を公表いただく必要はありませんのでご安心ください)。

<習得知識>
 ・R&Dテーマの価値評価の基本的な考え方と具体的手法
 ・テーマの事業的価値の高め方
 ・テーマ展開シナリオ作成方法
 ・テーマ実行計画の立案方法と見える管理方法

<講義概要>
 研究開発の最大の使命はR&Dテーマを事業化し、事業として成功させていくことにありますが、そのためには3つの課題があります。
 ① 事業化の価値を高めること
 ② 長期的な成功のシナリオを描くこと
 ③ 実行性のある計画にブレークダウンし、的確な進捗管理をすること
 本講座では、研究開発テーマの価値を長期視点で大きく高めていくための基本的な考え方や具体的な手順、および、その実践的手法を、参加者の皆様が最も重視している「未来志向のR&Dテーマ」を題材に、実習を交えて体感・体得していただくことを目指しています。


  • 講習会一覧(日付順)
  • 受講のしおり
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問


  • facebook
       
ページTOPへ