このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 特許情報の基礎と活用に向けた調査の手法・ポイント【PC演習】 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

技術動向や他社特許の調査、侵害確認、アイデアの収集など、特許情報の効率的な検索はビジネスを優位に進める上で重要です。特許情報の性質・特徴を基礎から解説し、具体的な活用に応じた特許情報プラットフォームの使い方を、演習を交えて講義します。

~技術者の研究・開発業務に役立つ特許検索テクニック~

特許情報の基礎と活用に向けた調査の手法・ポイント【PC演習】  

【日 程】

2018年11月15日(木) 13:00~17:00

【会 場】

ネクストワークスラーニングセンター(東京 目黒駅)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

【備 考】

PCを使用する演習をご用意しております。
⇒ PCはこちらで準備しますので持参は不要です。

講師: 明立特許事務所 所長/弁理士 / 技術士(航空宇宙) 深澤 潔

経歴: 京都大学工学部卒業後、石川島播磨重工業株式会社(現(株)IHI)にて宇宙機器の開発に従事。技術士(航空宇宙)を取得。国際特許事務所に入所後は特許を中心とした知財の取り扱い業務に従事しつつ弁理士を取得。明立特許事務所設立後、特定侵害訴訟代理業務付記、ビジネスモデルデザイナー(民間資格)を取得。知財とビジネスモデルの観点から知財ビジネス活用ナビゲーターとして新規事業や創業支援をしている。技術戦略・知財戦略立案、新製品・新規事業探索・開発等のコンサルティングを担当。所属:日本弁理士会 知的財産経営センター委員、日本技術士会、日本機械学会、日本航空宇宙学会

Ⅰ. 特許情報の基礎
 1. 特許公開公報
  a. 特許公開公報の構成
  b. 特許公開公報の使い方
 2. 特許公報
  a. 特許公開公報との違い
  b. 特許公報の使い方
 3. 特許権とは
  a. 特許権の要件
  b. 特許権の保護範囲
  c. 特許権の効力

Ⅱ. 特許情報プラットフォームによる情報入手
 1. 特許情報プラットフォームの構成
 2. 特許情報プラットフォームの使い方
  a. テキスト検索の方法とポイント
  b. 特許分類検索の方法とポイント

Ⅲ. 特許出願時の“先行技術”調査のポイント
 1. 特許情報プラットフォームを活用した調査手法
  a. 新規性・進歩性
  b. 検索の方法とポイント
  【演習】:先行技術調査

Ⅳ. “アイデア発想”へ活用するポイント
 1. 特許情報プラットフォームを活用した情報収集
  a. 検索の方法とポイント
  b. 活用のポイント
  【演習】:アイデア情報収集

Ⅴ. “権利侵害”の可能性を調査する際のポイント
 1. 特許情報プラットフォームを活用した調査手法
  a. 検索の方法とポイント
  b. 権利侵害の判断基準
  c. 権利侵害を回避するとは?
  【演習】:権利侵害調査

Ⅵ. その他の調査について
 1. 商用データベースの利用

Ⅶ. まとめ・質疑応答

【本講習会で学べる知識】
 ・特許情報とはそもそもどういった情報なのか、基礎から理解を深めることができます。
 ・日々の業務に役立つ特許情報の活用方法を理解できます。
 ・無料で利用できるデータベース、「特許情報プラットフォーム」の基本的な使用方法を

  理解できます。

【講師のことば】
 技術開発や研究を進めるには様々な情報のインプットが重要です。その重要な情報の一つに「特許情報」があります。この特許情報は実は誰でも、そしていつでも入手することができます。しかし、何に使えるのか、どのように使うのか、という点が分からないと折角の情報を生かすことができません。
 本講座では特許情報の基礎・性質の解説だけではなく、初学者に向けた簡単な調査演習を、実際にPCを操作しながら行います。これらを通して日々の研究・開発業務に特許情報を生かすポイントを学んで頂きます。


  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       
ページTOPへ