このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 機械エンジニアのための“設計力”強化対策 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

設計のセンスを磨き、強い設計者になるためには、どのような知識・技術を身につければいいのか?講師の実務経験に基づき、広範囲に及ぶ技術分野の中から押させておくべき勘所をレクチャーします

機械エンジニアのための“設計力”強化対策

【日 程】

2017年10月30日(月) 10:00~17:00

【会 場】

都内都心部で調整しております。

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 柴谷設計技術コンサルタント 代表 柴谷 壽一

経歴: 1967年 北海道大学工学部を卒業.同年 トヨタ自動車工業(株)入社.以後、シャシ設計部門でブレーキのシステム設計及び製品開発に従事.1999年よりアイシン精機(株)走行系技術部でブレーキ部品の開発を担当.2001年からはアドヴィックス(株)でブレーキの設計監査,未然防止,技術教育を担当.2009年 柴谷設計技術コンサルタントを開業.

1.はじめに
 ① 「ものづくり」の源流は「設計」
 ② 今、「設計力強化」が急務な理由

2.「強い設計者」となる為に
 ① 必要な意識と心掛け  
 ② 論理的に考える癖をつける  
 ③ 官能センスを身につける

3.製品企画における勘所
 ① 製品のライフサイクルと対応技術
 ② ベンチマークとマーケティングの重要性
 ③ 開発目標設定の急所

4.製品設計の勘所
 ① 図面の作成
  力学的に合理な形状にする/仕様/特性/寸法
  指示の急所/累積公差の考え方
 ② 材料の選定
  金属材料選定の急所/有機材料の特性把握と留意点
 ③ 熱処理、溶接
  焼入れ、焼戻し処理のポイント/溶接による材料特性/性能低下の急所
 ④ 表面処理
  電気メッキの原理と留意点/陽極酸化処理のポイント
 ⑤ 腐食/防食
  腐食の基本メカニズム/異種金属接触腐食と防食・防食設計のポイント
 ⑥ 摩擦/摩耗
  表面構造と凝着摩擦/表面粗さの影響/摩耗の形態と留意点
 ⑦ ねじ要素
  ねじ締結の理論/代表的な締結の内力係数/締結設計の急所
 ⑧ 強度設計
  高サイクル疲労と低サイクル疲労/累積被害則(マイナー則)/強度設計の急所
 ⑨ 設計審査
  従来DRの問題点/変化点に注目するDR(DRBFM)/効率的/効果的なDR

5.試験評価の勘所
 ① 試験条件の設定と試験品の準備
  負荷条件の設定/試験品の素状管理/限界性能評価の重要性
 ② 故障モード
  製品破壊モードの考え方/2故障への配慮
 ③ 破断面の解析
  破面観察による破断形態の確認/応力分布と部材強度の関係

6.製造工程の勘所
 ① 設計品質の作り込み
  設計意図を反映した工程設計/工程能力指数の確保
 ② 設計による工程監査

7.まとめ&全体質疑

http://admin.tech-d.jp/images/noimage.png

<講義概要>
 製造現場や開発現場では、限られたコスト、時間、資源を効率的に配分しながら、開発期間の短縮、他社優位の製品企画、設計品質の確保が要求されています。こうした状況の中、組織のフラット化による中堅技術者の「技術力低下」が喫緊の課題となっています。設計者には広範囲な工学知識と論理的思考が求められますが、日々の会議や調整・管理業務などに追われ、肝心な設計力を向上させる機会は思うように得られません。
 本講座では、設計実務における必須知識や、設計力を向上させる(磨く)ためのエッセンスをレクチャーします。設計者が身に着けなければならない知識・技術は多岐にわたりますが、講師の長年にわたる設計・開発の実務経験に基づき、各工程における勘所や急所など、要点を絞って解説します。

  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       
ページTOPへ