このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 設備投資の削減と最適化の実務ノウハウ [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

設備投資の計画から刈り取りまでのプロセスや計画時にチェックすべき項目、設備投資削減の手法及び設備投資の計画・効果の定量的な評価方法など、実務で役立つノウハウを事例を交えながら解説します。

<製品開発・設計・生産技術部門などの技術者を対象とした>

設備投資の削減と最適化の実務ノウハウ

~設備投資の実務の基本,生産性向上・投資削減の手法,グローバル化,最新情報~

【日 程】

2017年9月7日(木) 10:00~17:00

【会 場】

都内都心部で調整しております。

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 東海大学 工学部 機械工学科 教授 村山 省己先生

経歴: (株)日立製作所 工機部長、日立オートモティブシステムズ(株) 投資計画部長を歴任し、2016年より現職。NC工作機械・自動車部品生産設備の設計開発に従事し、数々の設備設計に携わる。また、国内・海外向け自動化ライン等、投資の最適化について幅広い生産技術の知見を有する。自動車技術協会、日本設計工業会、日本機械学会、精密工学会に所属する他、大手メーカーや商社等の中堅技術者教育のコーディネータ・講師としても活躍している。

Ⅰ. 設備投資について ~設備投資と効果指標について学ぶ~
 1. 設備投資の目的別区分
 2. 設備投資の収益性評価      
 3. 投下資本利益と回収期間         

Ⅱ. 設備投資のあるべき姿 ~設備投資の最適化について学ぶ~
 1. 増産投資と合理化投資
 2. 投資計画提案書の構成資料        
 3. 提案書作成の留意点           

Ⅲ. 生産性向上と投資削減 ~発想を変えた設備投資削減・事例紹介~
 1. 投資削減活動の柱    
 2. NC加工ラインの投資削減         
 3. 自動組立ラインの投資削減

Ⅳ. ローコスト生産ラインによる投資削減 ~30%投資削減の取り組み・事例紹介~
 1. ローコスト生産ラインの開発  
 2. 設備の海外現地化推進       
 3. IoTを活用した先進的モノづくり   
  
Ⅴ. グローバル標準ライン化による投資削減 ~海外での生産ライン自動化・事例紹介~
 1. 標準化ラインの開発  
 2. 変種変量生産の自動化ライン        
 3. 国内/海外の自動化ライン 
        
Ⅵ. これからの設備投資について ~グローバル化における設備投資を考える~
 1. 生産性の指標     
 2. 設備の原価構成         
 3. 投資効果を最大限に上げるためにはhttp://admin.tech-d.jp/images/noimage.png

<習得知識>
1.設備投資の計画から刈り取りのプロセスにおける最新知識の習得
2.設備投資計画時に検討しておかなければならないチェック項目の習得
3.設備投資の削減についての考え方及び手法の習得
4.設備投資の計画と効果を定量的に把握する方法の習得

<講義概容>
 企業にとっての設備投資や投資効率の向上は、フリーキャッシュフローマネージメントの強化を実現するために重要な位置付けにあります。一方で、投資削減による製品競争力の強化は、お客様からの受注拡大につながり、結果として自社の財務体質の強化にもつながる最重点課題でもあります。
最適な設備投資により最大限の生産性を上げるためにはいかにあるべきか?
本講座では、設備投資を効率的に行い収益向上につながる設備投資のノウハウを習得します。
 製品開発から生産技術者の方々を対象に、計画時に必要な設備投資の知識や手法を理論と実例から学んでいただき、適正な設備投資について考える講座となっていますので、是非ご参加ください。

  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       
ページTOPへ