このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 機械エンジニアに必要な熱処理技術の基本とポイント【大阪開催】 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

機械エンジニアとして豊富な実務経験を持つ講師が、自身の経験に照らし合わせながら、「これぐらい知っておけば大丈夫」というスタンスで、熱処理技術の基本事項について、“基礎のきそ”からわかりやすく解説します。

~設計実務で必要となる熱処理の知識を1日で習得する~

機械エンジニアに必要な 熱処理技術の基本とポイント 【大阪開催】 

【日 程】

2017年6月21日(水) 10:00~17:00

【会 場】

エル・おおさか 会議室(大阪市 中央区)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

 

講師: 津田技術士・安全コンサルタント事務所 代表 技術士(機械部門)  津田 文男

 大手重工業メーカーに長年勤務し、その間、プラント設計(約20年)、設計管理(約10年)、品質保証(約2年)などに従事。その後、グループ会社に移り、現在までプラント設計(約10年)に関する実務に従事している。専門はプラント配管設計、品質管理、ISO9001・14001、生産管理、機械力学と要素設計、知的財産管理、技術者倫理など多岐にわたり、これらに関するセミナー・講演、執筆などの実績も多数に及ぶ。

1.講義内容を完全理解するための15講
 (1) 熱処理とは(方法は大きく3分類)
  ・標準化処理
  ・硬化・強化処理
  ・表面硬化処理
 (2) なぜ熱処理が必要か!
  自動車部品に熱処理部品が多数
 (3) なぜ熱処理が必要か!
  身近な家庭用工具(ペンチ、ドライバー等)と熱処理
 (4) 鋼の特性とは
 (5) 合金は鉄と合金元素(Cr、Ni、Mn、Mo等)との化合物
 (6) 鉄鋼材料の変態と熱処理の関係
 (7) 合金元素(Cr、Ni、Mn、Mo等)の分類・作用
 (8) 熱処理作業の流れを知る
 (9) 加熱炉は3種類に分類される
 (10) 熱処理温度管理のポイント
 (11) 熱処理で使用するガスとは
 (12) 焼きなましとは
 (13) 焼きならしの目的
 (14) 焼入れの目的
 (15) 焼戻しの目的

2.金属構造(基本的な金属結晶構造)と性質

3.機械構造用鋼とその選び方
 (1) 鉄鋼材料の分類
 (2) 化学成分系からみた鋼種
 (3) 焼入性に基づく鋼材の選び方

4.工具鋼とその選び方
 (1) 化学成分系からの3つの大別
 (2) 用途別による工具鋼の選び方
 (3) 用途別以外の選び方

5.ばね鋼とその選び方

6.軸受鋼とその選び方

7.ステンレス鋼とその選び方

8.鋼材の諸特性と熱処理
 (1) 物理的性質
 (2) 強さとじん性
 (3) 疲れ強さ

9.熱処理とは
 (1) 主な熱処理
 (2) 焼きならし
 (3) 焼きなまし
 (4) 焼入れ
 (5) 焼戻し

10.表面処理としての熱処理

11.熱処理の管理とは

12.熱処理トラブルの種類
 (1) トラブルの種類と特徴
 (2) 代表的なトラブル事例
  ・焼割れ
  ・焼入歪
  ・脱炭    
  ・粒界酸化
  ・研磨割れ

http://admin.tech-d.jp/images/noimage.png

<習得知識>
・ 熱処理が、なぜ必要か理解できる。
・ 鉄鋼材料と熱処理の関係が理解でき設計実務を遂行する際のポイント(留意点)が習得できる。
・ 代表的な熱処理の種類と特徴が理解でき、技術者(設計者及び生産技術者等)が業務遂行する際の熱処理知識活用の仕方が習得できる。

<講義概要>
 本講座は、機械エンジニア(設計開発・生産技術・品質管理・外注担当者など)が業務上必要となる熱処理技術の基本事項について解説するものです。最初に、金属材料と熱処理の関係をわかりやすく理解できるよう、“講義内容が理解しやすくなる”15講として熱処理の基礎の“きそ”事項をやさしく解説します。その解説の中では、「①熱処理は、なぜ必要か」、「②設計実務を遂行する際に、役に立つ鉄鋼材料と熱処理との関係」、「③代表的な熱処理の種類と特徴等」を説明します。後半では、実際の業務を遂行する際に必要となる基本事項についてポイントを絞って解説し、また最後に、熱処理トラブルの基本的な現象と対策についても説明します。

 機械製品の設計、生産技術、品質管理、外注担当の技術者や熱処理業務の経験の浅い技術者には、熱処理知識活用の基本を1日で学べる最適な内容となっています。

  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       
ページTOPへ