このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 “食の安心・安全”を確保するための食品工場の品質管理 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

食品の安全性への見方がますます厳しくなっています。長年に渡って様々な食品工場で品質管理業務を経験してきた講師が、安全で安心な食品を届け続けるために必要な「食品工場の品質管理」について、実践的に解説します。

“食の安心・安全”を確保するための

食品工場の品質管理

【日 程】

2017年6月16日(金) 13:00~17:00

【会 場】

都内都心部で調整しております。

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 食品安全教育研究所 代表 河岸 宏和

経歴: 帯広畜産大学を卒業。これまで経験した品質管理業務は、養鶏場、食肉処理場、ハム・ソーセージ工場、餃子・シュウマイ工場、コンビニエンスストア向け総菜工場、たまご加工工場、大手スーパーマーケットなど多数。現在は食品安全教育研究所代表として、年間100箇所以上の食品工場の点検、品質教育を行っている。著書に『“食の安全”はどこまで信用できるのか』(株式会社アスキー・メディアワークス)、『ビジュアル図解 食品工場の品質管理』(同文舘出版)などがある。

Ⅰ.食品工場の品質管理に求められているもの
 1.「運動会のテント」のお話
 2.テントを強くするためには
 3.品質管理の重要性 天秤のお話
 4.品質管理の土台について
 5.ドべネックの要素樽のお話
 6.方針管理とは

Ⅱ.食品工場の品質管理で守るもの
 1.食品事故の要因について   
 2.物理的危害について
 3.化学的危害について
 4.生物的危害について
 5.ペストコントロール計画
 6.這って侵入してくる虫の管理

Ⅲ.工場設計時の品質管理
 1.工場能力の考え方
 2.冷蔵設備
 3.手洗い設備
 4.給水排水設備
 5.洗浄設備
 6.食材保管設備
 7.トイレ設備
 8.照明設備

Ⅳ.商品設計時の品質管理
 1.商品設計の進め方
 2.原料規格条件について
 3.下処理工程の考え方
 4.添加物配合工程
 5.加熱・冷却工程の考え方
 6.包装工程の考え方

Ⅴ.日常管理しておく事項について
 1.マネジメントシステムの構築
 2.営業許可の状況と関連法規
 3.組織図
 4.製品のフローチャート、配合表について
 5.建物配置図

Ⅵ.日常管理しておく規定・マニュアルについて
 1.服装規定について
 2.原材料管理規定
 3.洗浄マニュアル
 4.日報等の管理
 5.防虫・防鼠の管理状況

Ⅶ.日常管理時の品質管理
 1.日常管理の方針
 2.作業者の個人衛生状況
 3.細菌検査

Ⅷ.環境問題について
 1.環境の方針
 2.排水の状況について
 3.工場から発生する騒音について
 4.工場から発生する臭いについて

Ⅸ.クレーム処理について
 1.クレーム処理の方針、考え方
 2.クレーム品の分析
 3.クレームを繰り返さないために
 4.タンパーエビデンス

Ⅹ.食品工場で必要な教育について
 1.教育計画の立て方
 2.新入社員教育
 3.毎日の教育
 4.原料、資材の受け入れ検品状況について
 5.原料の保存良姜について
 6.製品の保管管理状況について

 

【備 考】

『ビジュアル図解 食品工場の品質管理』(河岸宏和著 同文館出版 2007年)

を無料進呈します(当日配布予定)。

<講義概要>
 食品不祥事を起こした企業に対する消費者の視線は、厳しさを増しています。近年話題となった農薬混入問題や、社会問題となった大手チェーンの劣悪な製造工程は、決して対岸の火事ではありません。何かひとつでも食品事故や不祥事が起これば、経営存続の危機に繋がりかねないのです。工場で製造した製品をお客様が食べる時までを考える、いわゆる「農場からフォークまで(From Farm to Fork)」の品質管理を考えなければならない時期になっています。
 本講座では、長年に渡り様々な食品工場で品質管理業務を経験してきた講師が、実践的な見地から食品工場全体の品質管理と製品・サービスの品質を維持し、さらに向上させるための品質保証の考え方について、詳細に解説します。品質管理や製造管理担当の方に特にお勧めの内容になっています。また、事前に質問をいただければ、講座内で事例を含め詳細に解説します。

  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       



      
ページTOPへ