このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 健康食品の広告・表示を規制する三法の要点と最新動向 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

健康食品広告を規制する【薬機法】、【景品表示法】、【健康増進法】の考え方を、体系的に、わかりやすく解説します。

健康食品の広告・表示を規制する三法の要点と最新動向

―「薬機法」「景品表示法」「健康増進法」を比較しながら理解する ―

【日 程】

2017年2月1日(水) 10:30~16:30

【会 場】

テックデザイン会議室(サガ・フラット)(東京 門前仲町駅/茅場町駅) 

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 株式会社フィデス 代表取締役社長 久保 京子氏  (元 花王㈱ 調査部)

経歴: 慶応義塾大学 文学部 人間科学専攻。専門は実証的社会心理学。卒業後、花王(株)調査部にて家庭用消費財におけるマーケティングリサーチ業務に従事。その後、サンウェーブ工業(株)(現(株)LIXIL)にて商品企画、販売戦略立案などに携わる。1998年Webマーケティング会社を起業。2007年消費生活アドバイザーとして、(財)日本産業協会にて経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機にネットショップのコンプライアンス及びCS向上推進に傾注。2009年「株式会社フィデス」を設立し、ネット通販向け広告コンプライアンスサービスを提供開始。中小~大手企業に対し、法令順守の広告戦略、広告法務コンサルティング、社員教育を手がける。表示の受け手である一般消費者目線を重視し、法令遵守のその先を目指す顧客満足度向上、お客様との長期的な信頼関係を築くコミュニケーションをサポートしている。

Ⅰ.健康食品をめぐる規制動向と理解度チェック
 1.一体的に運用される景品表示法と健康増進法。規制の最新動向は?
 2.誤解しているかも。健康食品広告規制理解度チェック

Ⅱ.健康食品広告を取り巻く法規制を理解する
 1.健康食品の範囲
 2.比較で捉える「薬機法」「景品表示法」「健康増進法」
  a.広告表示規制の3分類
  b.規制対象となる事業者
  c.規制対象となる表示
  d.健康保持増進効果とは
  e.禁止される表示と違反要件
  f.罰則と違反のリスク

Ⅲ.事例に学ぶ不当表示につながりやすい広告表現
 1.不実証広告規制と「合理的根拠」
 2.特に注意したい表現・手法
 3.ネットにおける様々な広告手法および法律上の問題点

Ⅳ.NG広告チェック(事例演習)

講演概要:

 平成27年4月に機能性表示食品制度が始まり、企業の責任で科学的根拠をもとに機能性を表示できるようになりました。一方、消費者庁表示対策課食品表示対策室においては、健康食品の虚偽・誇大広告等に対して、景品表示法と健康増進法との一体的な執行が一層強まり、平成28年3月にはトクホの広告をめぐる健康増進法の初の「勧告」が出されています。

  業界団体のガイドラインや消費者庁から留意事項が出される中、平成29年度は健康食品の表示の監視・取締りが一層強化されることが予想されます。

  本講座では、関係法令が相互補完されながら執行される状況を踏まえ、広告コンプライアンスに携わる方々を対象に、三法(薬機法、景品表示法、健康増進法)の考え方を、俯瞰的・体系的に理解して頂くことを念頭に講義を進めます。また、最新の行政の動向を確認しながら、特に注意すべきポイントを事例を交えて分かりやすく解説するとともに、広告チェックの演習も盛り込んでおります。広告関連部門だけでなく、商品開発や品質保証部門の方々にも有益な内容となっています。


【習得知識】
「薬機法」の規制内容と考え方 (「第68条 承認前医薬品等の広告の禁止」を中心に)
「景品表示法」「健康増進法」の規制内容と考え方

 (「健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項」を中心に)
インターネット広告規制の考え方
 (「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」を中心に)

  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       



      
ページTOPへ