このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【1日速習】 実務で役立つアンケート調査の基本 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

理論ではなく“実務で必要となる”アンケート調査全工程におけるポイントを分かりやすく詳しく解説します。また、座学だけでは分かりにくいデータ集計・分析のパートでは、PC実習を取り入れながら理解を深めます。

【1日速習】 実務で役立つアンケート調査の基本

~“調査企画・調査票作成のポイント”と“集計・解析の基本(PC実習)”の実践講座~

【日 程】

2017年6月29日(木) 10:30~17:00

【会 場】

京華スクエア2階 (中央区立ハイテクセンター)(東京 中央区)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 株式会社アイスタット 代表取締役社長 ビジネス・ブレークスルー大学大学院 教授

統計士・統計データ分析士 志賀 保夫

経歴: 北里大学獣医畜産学部卒業。アイ・シー・アイファーマ株式会社(ゼネカ株式会社に社名変更:現アストラゼネカ株式会社)MR、マネジメント&セールストレーニングオフィサー、マーケティングマネージャーとして勤務し、その後、㈱ケアネット(医療系マーケティング会社)の設立に参加。取締役、上席執行役員など歴任。(現在メディカル本部勤務)。2011年 ㈱アイスタットを設立。専門は、マーケティングリサーチやマーケティングプランニング、マーケティング統計。『ドクターも納得!医学統計入門/菅 民郎,志賀 保夫』(エルゼビア・ジャパン)、「市場開拓、開発テーマ発掘のためのマーケティングの具体的手法と経験事例集/共著(技術情報協会)」の著書。

第1部 アンケート調査票作成
・調査企画
・調査票とは
・調査票作成の手順
・回答形式のタイプ
・親元項目、限定項目
・質問の順番
・調査票のレイアウト
・用いてはいけない質問文
・SA回答法の聞き方
・MA回答法の聞き方
・順位回答法の聞き方
・自由回答法の聞き方
・段階評価の聞き方
・段階評価の選択肢
・7段階評価
・5段階評価
・非対称型の段階評価
・マトリックス質問の聞き方
・SA回答法/二項選択法をMAで聞く
・FACEの聞き方
・職業の聞き方

第2部 アンケート集計の仕方
・回答形式タイプ別の集計
・入力データ
・カテゴリーデータと数量データの違い
・カテゴリーデータの単純集計
・5段階評価の単純集計
・数量データの単純集計
・データ「0」の取り扱い
・単純集計グラフ
・二項目間の関係
・クロス集計
・クロス集計表の解釈
・質問間クロス集計
・%ベースのn数
・無回答、非該当がある場合の集計
・クロス集計のグラフ
・クロス集計表の並べ替え
・クロス集計の求め方
・相関とCS分析
※理解度促進テスト、演習問題、PCを使ってアンケート集計・解析の実習を行いますhttp://admin.tech-d.jp/images/noimage.png

<習得知識>
1.調査票の作り方   
2.アンケート調査の集計の仕方
3.単純集計・クロス集計の見方と活用方法   
4.顧客満足度調査方法(CS調査)・解析方法

<講義概容>
 本講座の目的は“実務で必要となるアンケート調査の基本をしっかり学びたい”という方を対象にアンケートの全体像を理解してもらうことにあり、企画、調査票、集計、解析の各工程において最低限必要な知識を噛みくだいて説明します。具体的には、アンケート調査の意義とともに、収集したデータを情報化するためのプロセスを知り、調査企画の立て方、質問項目の決め方など、アンケート調査における基本的な事項を学んでいきます。
 理論よりも実務で必要となる“調査票の詳しい作り方”や“結果の見方・活用の仕方”に重点を置いた講義にしています。また、理解が深まるよう理解度促進テストや演習、PCを使ってのアンケート集計・解析などの実習も行います。

  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       
ページTOPへ