このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 製造現場担当者のためのIoT技術の活用と現場改善実践手法 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

“IoTありき”の講座が多い中、本講座では“製造現場の課題・問題改善”という視点から、IoT技術の活用と現場での導入・実践手法について、改善事例や演習、講師オリジナルの“改善テンプレート”を交えて解説します。

製造現場担当者のためのIoT技術の活用と現場改善実践手法

~“改善テンプレート”を使った簡便で効率的なIoTの導入・活用方法を学ぶ入門講座~

【日 程】

2017年9月15日(金) 10:30~16:30

【会 場】

都内都心部で調整しております。

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

講師: 合同会社コンサランス 代表 中小企業診断士 高安 篤史

経歴: 早稲田大学理工学部工業経営学科卒業後、大手電機メーカーで20年以上に渡り組込みソフトウェア開発に携わり、プロジェクトマネージャ/ファームウェア開発部長を歴任する。IoTのビジネスモデル構築/製造現場改善に関するコンサルタントとしての実績及び自身の経験から、「真に現場で活躍できる人材」の育成に大きなこだわりを持ち、その実践的な手法は各方面より高い評価を得ている。IoT検定制度委員会メンバー。

1.IoTの概要(製造現場関連)
 ① IoTとは何か?           
 ② 製造現場におけるIoTの理解 
 ③ IoTの構成要素           
 ④ IoTセキュリティ

2.製造現場でのIoT技術の活用
 ① センサなど             
 ② 通信と産業用ネットワーク
 ③ 生産管理システム          
 ④ VR(仮想現実)/AR(拡張現実)
 ⑤ 自動化

3.製造現場のIoTによる改善事例
・製造業で実施され効果をあげているIoTの製造現場の改善事例を確認し、取組み方法や推進方法を理解します。

4.製造現場の改善演習【事例演習】
・問題/課題のある製造業の生産現場の事例を基に、どのようにIoTを活用して改善を図るかについての演習となります。

<演習の流れ>
・個人検討
・グループディスカッション
・グループ発表

<演習テーマ(予定)>
・リードタイム短縮
・稼働率改善
・自動化
・コスト削減
・設備保守
・作業改善
・品質改善
・海外拠点立上げ など

5.製造現場の改善テンプレート
・製造現場の改善においては、単なる思い付きでの対応では無く、テンプレートを活用することで俯瞰され漏れの無い効率的な改善が可能になりますので、改善テンプレートについて理解します。http://admin.tech-d.jp/images/noimage.png

<習得知識>
1.IoT(Internet of Things)の概要       

2.製造現場におけるIoTの活用事例
3.IoTによる製造現場の問題点・課題への対応方法

4.演習を通じた製造現場の課題解決への実践的推進方法


<講義概要>
 IoT(Internet of Things)時代を迎え、製造現場でのIoTの活用は喫緊の課題です。しかしながら、日本の多くの製造現場でのIoTの導入/活用は、IoTに抽象的な部分が多いこともあり、対応が進んでいないのが実状です。また、従来のIoT研修は、技術寄りの内容が多く、製造現場の改善にポイントをあてていなかったため、各製造現場のIoT導入は、順調に進んでいるとは言い難い状況となっています。
 そこで本講座では、製造現場のIoT導入/推進に数多くのコンサルティング経験を持つ講師が、製造現場における課題解決にIoTを導入する際のポイントを、豊富な事例と演習を交え、わかりやすく解説します。製造現場へのIoT導入のポイントを理解いただく為、実践的な演習とテンプレートを活用し、現場改善の推進法を解説します。
製造業のIoT化は、①「製造現場の課題解決に対するIoTの活用」②「あるべき姿を明確にした上でのスマート工場の構築」の2つがあります。本講座では、①の内容を紹介します。②の内容は、10月12日【スマート(IoT)工場の実践的(段階的)推進手法と実現のポイント】の講座で詳しく紹介しますので、併せてご受講されることをお勧めいたします。

  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       
ページTOPへ